本文へ移動

タキオンライフのブログ

ミーティングを実施します

2024-05-16
NEW
みなさん、こんにちは。
5月にも関わらず夏のような暑さの日があり参ってしまいますね。水分補給を欠かさずに乗り切っていきましょう!!

さて、本題となりますが、今年度グループホームでは、各ホームでミーティングを実施します。
今年度のミーティングのテーマを『みんなと良い関係で過ごす』と設定し、そのために必要な話し合いをしていけたらと考えています。
現在みなさんにはアンケート用紙を配布し、テーマに沿った話し合いたい内容を考えてもらっています。

コロナが始ってからの数年間、グループホーム内での行事が減ってしまったり黙食の徹底や各自の部屋での食事に切り替えるなど、ご利用者間のコミュニケーションが減ってしまっていました。そのため、他者と関わることの楽しさを感じられる機会も少なくなってしまったと感じています。
様々なことが解除された今、コミュニケーションが取れる場面としてこのミーティングを設定し、楽しさを見つけてもらえると良いなと考えています。
また、このミーティングを通して他者の意見を聞くことで他者の気持ちを理解することにも繋げていければと思います!

みなさんがどのような内容を提案してくれるかとても楽しみです!今後実施に関してもブログに載せる機会があればと思っていますので、その際はぜひ読んでください!

肩こり解消ストレッチの習慣化に挑んでいるNでした

恒例!春の衣替え

2024-04-24
皆さん、こんにちは。
4月も後半に差し掛かり、一段と気温が上がってきました。今年は例年より気温が高くなると予想されており、これからもっと暑い日が増えそうです

さて、季節の変わり目に欠かせない『衣替え』の時期がやってきました。皆さんはもう済ませましたか?
衣替えは、一般的に夏服は6月・冬服は10月に行われるのが慣習でした。(制服もこのタイミングが多いですよね)しかし年々の気候変動により、最高気温を目安にして行う衣替えに変わってきています。

当グループホームでは、入居者さんと3月下旬から順次衣替えを実施しています。衣類だけでなく、寝具も冬用から薄手の物に入れ替えました。
その際、ある入居者さんから「冬の掛け布団をきれいに洗いたい」という希望がありました。はじめにご利用の布団が洗えるかどうかを調べ、近くのコインランドリーが布団洗いに対応していることを確認しました。
道中には坂があるため、布団を持って歩くのは大変だと判断し、車で運ぶことに大きな布団を洗い、乾燥させ、最後に収納して終了です!
実施後、「冬になったらまたすぐに取り出せるから、安心だね」と笑顔で話されていました

現在は布団を洗濯する際にはコインランドリーを利用していますが、今後は宅配クリーニングなど新しいサービスの選択も視野に入れて、サポートの幅を拡げていきたいと思っています!

(どんどん春が短くなって寂しい春生まれのKでした

新たなスタート

2024-04-12
皆さん、こんにちは。
季節はすっかり春らしくなりました。今年は桜の開花が平年より遅かったため、満開の桜とともに入学式や入社式、新生活を迎えたという方も多いのではないでしょうか今回の写真は、先週散歩中に見上げた桜と青空がとても綺麗だったので、写真に収めたものです。自分ではなかなか上手く撮れたと思うのですが、どうでしょうか?

タキオンライフでは、新年度から新しい職員が加わりました!新体制になり、職員一同、新鮮な気持ちで一歩を踏み出しました

4月に入り、新年度の事業計画を入居者の皆さんにお伝えしました。今年度は、グループホームごとや全体でのイベントを今まで以上にたくさん計画しています!入居者の皆さんからは「みんなで話し合って色々なところに出かけたい」「楽しみです!」といった声が寄せられました。
実施した際には、ブログでご紹介しますね♪

今後も入居者の皆さんの生活がより充実するよう、全力でサポートさせていただきます。今年度もよろしくお願いいたします。

(初めてパンダを見に行きましたKでした)

春の食事会

2024-03-31
皆さん、こんにちは。
3月20日は春分の日でしたね春分の日は《暖かさを感じられる季節に、生物や自然の大切さを知る日》です。日本では古来より、食べ物で季節の移り変わりを感じ、視覚でも楽しみ、季節を慈しんできました。そして春は一番花の種類が多く、お花屋さんの品揃えもピークを迎えるそうです。

さて、今回グループホームでは、「春の食事会」と題し、夕食に出前を頼みました
3月は年度末ということもあり、新年度に向けてそれぞれの抱負を聞きながら食事をいただきました!入居者さんからは、『仕事をもっと頑張って、給料を上げられるようにしたい』『健康で風邪を引かない1年にしたい』など前向きな意見があがっていました。

皆さん年度末を1つの区切りと捉え、また新たに仕事や生活を迎えるという気持ちが感じられます。食事会中、新しくグループホームが開所した際にも、「引っ越しそば」を食べながら新生活への思いを語り合ったことを思い出し、懐かしくなりました

来年度以降も、食事のイベントを通じて四季を感じられるような企画を実施していきたいと考えています


(春分の日は毎年地球の運行状態により20日か21日か変わるそう。来年も3/20ですってK)

火災避難訓練

2024-03-18

皆さん、こんにちは。
鶯のさえずりが聞こえてくる季節になりました。皆さんはご存じですか?鶯は秋と冬には「チャッチャッ」と鳴くそうです。春になるとお馴染みの「ホ~ホケキョ」と鳴くので春告鳥(はるつげどり)とも呼ばれています。この時期は練習中のちょっと下手な鳴き声がとても可愛らしいですね。

さて、今日は、3月14日に行った避難訓練の様子をお伝えします。
前回は地震の避難訓練を行いましたが、今回は火災発生を想定して避難訓練を実施しました。火災時は、地震時とは違った動きが求められます。地震の時は、揺れが収まったら「ゆっくり慌てず行動する」ことが大切ですが、火災の時は「早く屋外へ避難する」ことが命を守る上で最も重要となります。

事前の学びでは、
(1)煙を吸わないよう前かがみになり、ハンカチ等を口元にあてる。(ハンカチがない場合、洋服の袖や帽子など身の回りにある布製のもので代用する)
(2)火元の近くを通るのを避けるため、複数の避難経路を確保しておく。
(3)忘れ物をしても絶対に戻らない。
等の確認を行いました。
また、グループホームの2階には避難梯子が設置されており、非常時にはそれを使って避難することができます。今回は設置場所の確認と、梯子の使い方を動画で見て学びました。さらに火災に関連して、「火災報知器」と「火災通報装置」の設置場所や、写真の受話器をとることで、消防署に直通で連絡がいくことをお伝えしました

実際の訓練では、職員の火災発生の合図に、入居者さん達は慌てることなく迅速に屋外に避難することができていました
振り返りの時には、『実際の火災では、靴を履き替えている時間がないので、スリッパのまま避難することに気づいた』『避難経路を確認できて良かった』などの意見がありました。

実施回数を重ねるにつれ、入居者さん達の意識の高まりを感じています。今後も災害時に安全な行動がとれるよう、訓練の内容も工夫をしていきたいと思います。


数十年間メジロを鶯だと勘違いしていたKでした
0
8
8
7
8
7
TOPへ戻る