本文へ移動

タキオンライフのブログ

夏バテ予防について

2021-08-23
こんにちは!8月も後半に差し掛かりましたが、まだまだ暑い日が続いています。
入居者様からは、「何だか疲れが出やすい」といういわゆる“夏バテ”の症状をお話しになる方々が増えています。

食欲不振などからくる栄養不足を補うため、タンパク質やビタミン・ミネラル類を豊富に含んだものが良いと言われています。
酸味のある食材に多く含まれるクエン酸は疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれます。

睡眠の質は眠り始めの3時間にぐっすり眠れているかに左右されると言われています。
一晩中冷房をかけていると体が冷えることもあるので、タイマー・除湿機能の利用や風量を弱めることも効果的です。設定温度は27℃がおすすめです。
また睡眠不足を感じる時、時間が許される時には昼寝を20分ほどとると疲労回復に役立ちます。

しばらく暑い日が続きますが、夏バテに気をつけて入居者の皆様と共に過ごしていきたいと思います。

もずく酢にはまっているライフのHでした

熱中症にご注意を!②

2021-07-30
夏本番となり、暑い日が続いておりますが体調は大丈夫ですか?

今回は、熱中症対策「室内編」です。

皆さまもご存じだと思いますが、室内でも熱中症になるリスクがあります。
外より熱中症になりやすいとも言われています。
対策として、エアコンを使用して温度や湿度の調整が重要です。
また、エアコンだけではなく、サーキュレーターや扇風機等で空気を循環させる環境作りも効果があります。
室内では、喉の渇きを感じにくいため、こまめな水分補給も必須です。
特に入浴前後、就寝前後の水分補給が有効となります。

最近、オートミールの食べ方を探している、ライフのSでした


熱中症にご注意を!

2021-07-20
梅雨明けの発表があり、いよいよ夏らしくカラッとした暑さになってきました。入居者の皆様との会話の中でも熱中症予防の話が多く出てくるようになりました。その中で、以下のような「なるべく暑さを避けて過ごす」ことをお話しています。

外出の際、朝方や夕方の比較的気温の低い時間帯を選ぶこと、外出時間を短めにすることも熱中症対策に効果があると言われています。歩行の時はなるべく日陰の多いコースを選ぶことも良いと考えます。

今年も異常な暑さが予想されていますが、皆様と一緒に熱中症対策をし乗り切りたいと思います。
入浴剤に凝っているライフのHでした


梅雨の時期の食事について

2021-06-28
梅雨の時期になり、蒸し暑い日が続いており、どうしても冷たい飲みものや食べ物が欲しくなり、結果食事も冷たい物中心の内容になってしまうことがあります。
冷たいものの摂り過ぎは、胃腸の温度を冷やし代謝もさがり、体調を崩す大きな要因になります。
その対応策として、冷たい飲み物は、全体の3分1にして、あとの3分2は温かいものや、常温の飲み物にします。また、食事等を温かいものにすることも良い方法と言われております。

グループホームでは、食事は温かい食べ物を中心に提供しており、入居者の皆さまにも、冷たいものばかり食べないようにお伝えしております。
梅雨の時期や暑い夏を乗り越えられるよう、皆様と一緒に励んでいきます。
(最近、オートミール料理にはまっているライフのSでした)

湿気対策について

2021-06-23
梅雨の時期は、雨続きで湿度が高くなり、ジメジメした空気で気分が沈んでしまいがちになります。
梅雨明けが早くも待ち遠しく感じます。
湿気対策と合わせ、グループホームでは日々のコロナ感染予防対策で、共用部分の換気、利用者さんの居室の換気も行っています。

室内に湿気がたまる原因の一つとして、湿気の逃げ場がないという理由があります。
雨の日は換気をするべきか悩みどころですが、激しい雨でなければ換気した方が良いといわれています。
普段閉め切っている部屋の場合、風通しの悪さから湿気を逃がすことができていない可能性が考えられます。

グループホームでは、リビングの窓、利用者さんの居室を朝夕や掃除時などに換気を実施しています。
また、換気のあと、防湿効果が高まるため、エアコンの除湿機能も併用しています。

自分にあった対策で、ジメジメした時期を快適に乗り切りたいものですね。
(離島の旅動画にハマっているライフのHでした)
0
6
7
1
4
9
TOPへ戻る