本文へ移動

タキオンライフのブログ

成人式について

2021-01-19
NEW
今回は「成人式」のちょっとした豆知識をご紹介します。

成人式は埼玉県蕨市が発祥の地とされています。
しかし、蕨市では成人式ではなく、「成年式」と言うようです。
詳しい話は、検索して調べてみてください。
また、世界では成人を祝う国は稀で、18歳から成人とされている国が多いそうです。
グループホームでも、このような豆知識について、楽しみながら話していきたいと思っております。

新年を迎えて新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。
今年もよろしくお願い申し上げます。
(おにぎりの具を凝っているライフのSでした。)

1月にまつわることについて

2020-12-24
めっきり寒い日が続き、今年の冬は例年以上に寒さが厳しくなるのではないか、と言われています。
ただ、今年は嫌な事ばかりだけではなく、冬野菜、特に白菜が例年以上に豊作で栄養価も高く、またお値段も安いと言われております。
白菜は身体を温めててくれる野菜で、栄養素も高く、味に癖がないため、鍋物やシチュー等色々な料理に使用できます。
旬の野菜等の食材を食べて、この寒い季節を乗り越えていけるようにしていきたいと思います。
最後に、ちょっとした豆知識になります。1月と10月は、例年、開始日が同じ曜日になるそうです。
 
(現在、自分好みのキムチ漬を探しているライフのSでした。)
 

感染症対策について

2020-12-11
朝晩の気温が10℃を下回る寒さになり、外出時は厚手のジャンパー、コートが必要な時期になりました。
 
例年ならインフルエンザの流行期に入る時期を迎えていますが、今年は厚生労働省への患者報告数が極めて少なくなっています。
平均して医療機関1カ所で毎週1人の患者が受診するようになると、インフルエンザの流行に入ったとみなされますが、12月7日現在、まだ週0・01人で、流行入りにはほど遠い状況にあります。WHO(世界保健機関)は「手洗いなどの衛生対策や旅行規制などの移動制限により、流行しなかった可能性がある」と理由を分析しています。
 
しかし、流行していないからと油断して、感染症対策を怠ると今後、新型コロナウイルスとの同時流行の可能性もあり、警戒は必要と言われています。
屋内外でのマスク着用や手洗いの徹底が、インフルエンザ、新型コロナウィルスの流行を抑える有効な策と考えております。
グループホームでもこれまで同様に感染対策を続けて、御入居者の皆様のご健康をサポートしていきたいと思います。
                       (最近、詩の朗読にはまっているライフのHでした。)
 
 

寒い季節の水分補給について

2020-11-25
少し前の暖かさはどこへやら、今は上着や使い捨てカイロ等が、手放せないほど寒くなっております。
こんな時は、暖房が効いた暖かい部屋でゆっくりとすごしたいものです。
しかし、こんな時だからこそ、水分補給が重要となります。
人間の身体は半分以上が水分で出来ていると言われています。
また、暖房を使用するこの季節は、外だけではなく、家の中も乾燥しやすい時期になります。
そして、人間は寒いと汗をかきづらく、喉の渇きにも鈍感になると言われています。
タキオンライフでも、夏場よりも意識して、水やお湯、麦茶等、冷たくても、暖かいものでも良いので、水分補給をすることを皆様にお伝えしております。
(最近の楽しみは、録画したテレビ番組をみることが楽しみのライフのSでした)
 

 

食事による冷え対策について

2020-11-11
こんにちは!11月に入り益々朝晩の冷え込みが強く感じられるようになりました。
寒くなるにつれて気になる、体の冷え。体が冷えると体調を崩しやすくなったり、手足が冷えると辛く感じたりしますよね。ホームの御利用者様からも冷えを防いで健康で過ごしたいというお話を耳にしています。
そんな冷えの対策として、今回は体を温める食べ物のご紹介を致します。
 
おでん
おすすめの具材は、体を温める働きを持つ根菜類です。
 
野菜の煮物
にんじん、かぼちゃ、ごぼう、大根等の根菜類を使った煮物は体を温めてくれます。
 
きんぴらごぼう
ごぼうとにんじんのきんぴらは、体を温めてくれる組み合わせです。
 
漬物、納豆、みそ、キムチ等の発酵食品
発酵食品は、腸内環境の改善や血流の改善を促し、体を温める働きがあると考えられています。特に納豆は、熱を作るタンパク質も摂取できるのでおすすめです。
 
体を温める食べ物を食事に取り入れ、上手に冷え性対策をして、これからの寒い時期を乗り切りたいものです。
                        (キムチを食べて体を温めているライフのHでした)
0
5
0
3
2
5
TOPへ戻る