本文へ移動

タキオンブライトのブログ

企業見学

2018-07-24
7月19日(木)に藤沢市にある特例子会社へタキオングリントと一緒に企業見学に行ってきました!

タキオンブライトでは初めてとなる企業見学のため、「職種を知ろう」をテーマに企画・実施し「仕事」のイメージを持ち意欲を高めることをねらいとしました。

こちらでは13種類の仕事内容があり、その中から「廃棄物の解体・分別」「メール集配・郵便処理」「印刷・コピー・製本サービス」「宅配便・製造部品受入」の4つの仕事を見学することができました。

見学中、みなさんが興味津々に仕事内容を観察し必死にメモを取る姿に感動を覚え、事前学習「メモを取る」で学んだことを実践していることをとても嬉しく感じました。
 
また、様々な仕事内容を見学することで、自分自身でやりたい仕事を見つけるキッカケになったらいいなぁとも思っています。

実際の現場を見学し体感したからこそ、得たものは大きかったと思います。
 
見学後から、参加したみなさんが「就職」への意欲が湧き日々の活動に活気があるように感じ嬉しく思っているのでした。
 
(料理をまったくやらないHでした)

ビジネスマナー研修 in タキオンブライト

2018-05-25
タキオンブライトと事業所名が変わってから、はじめてのブログ更新です!
タキオンブライトでの出来事を更新していけたらと思います!
よろしくお願いします。
 
さて、タキオンブライトでは5月25日、外部講師にお越し頂きビジネスマナー研修を実施いたしました。
この日のために、男性陣は職員と一緒にネクタイの結び方を何度も練習しましたね!
スーツでビシッと身だしなみを整え、皆さんとても素敵でした!
 
研修の内容としては、『働くとはどういうことか』、『挨拶』、『身だしなみ』、『丁寧な言葉遣い』、『報・連・相』について講義していただきました。
 
研修前は皆さん緊張している様子でしたが、いざ研修が始まると頷きながら聞いていたり、積極的に挙手をして発言したりしており、『学びたい!』『身につけたい!』という思いが伝わってきました。
 
今後も一緒に様々なことを学んで、実践していきましょうね♪
 
 
(カエルがどうしても苦手なHでした)

今年度最後の就職者の集い

2018-03-07
2月24日(土)はタキオンから就職した皆さんと1日余暇を実施しました。
当日はお天気も良く、日向に出ると春を感じさせるような気候でした。さすが就職者、程よい時間に集合し、いざボウリングに出陣!!職員が着々とGを並べる横で、就職者の皆さんはストライクやらスペアやらを続出。力の差を見せつけられました。
 
 その後はみなとみらいの夜景が見えるH×3(エイチバイスリー)で食事を行いました。Heart Health Humanity の頭文字を取ったというこのレストラン、夜景が完璧なだけでなく料理も心遣いも一流品。肉厚のローストビーフも、濃厚カスタードのシュークリームも絶品でした。
 おいしい料理をいただきながら、今年度台風で中止になってしまった旅行の話や、来年度したいことの話、就職者の仕事内容や趣味嗜好の話などで盛り上がりました。回を重ねるごとに、就職者同士の会話が増えているのを感じました。
 
 このように集まれる場所があって、いろいろな話ができるのは、とても素敵なことですね。これを糧にして、明日からまた頑張りましょう♪。
    
      (せっかくスペアをとっても、次が必ずGになるもんたでした。)

調理の流れを知ろう!調理教室♪

2018-02-15
タキオン3では、今年度2回目となる調理教室を実施致しました。今回は、「カレーライス」と「ポテトサラダ」に挑戦しました!
事前学習のグループワークでは、スーパーのチラシを見ながら、グループごとに一人の材料費を計算し、買い出しをする材料の分担を決め、当日を迎えました。
 
食材の切り方には様々な種類がありますが、今回は「いちょう切り」「薄切り」「小口切り」と3種類の実践を行いました。皆様、職員の手本を見ながら切り方の違いを理解し、材料を切ることが出来ていました!調理中は、じゃがいもの芽が取りにくい…、玉ねぎで目が痛くなったり…と苦労しながらも、グループで協力し合い、完成することが出来ました!
食事の時間では、「美味しく出来ました」と笑顔で話す様子も見え、調理の楽しさを感じられたのではないでしょうか!
調理教室を通して、皆様の調理への興味・関心が高まっていったと思います。
 
 
 (お菓子の調理教室もやってみたいと思ういがぐりでした)

働きたい!わたしのシンポジウム

2018-01-24

120日(土)に第14回「働きたい!わたしのシンポジウム」に参加しました。

このシンポジウムでは、誰もが感じる「働く」ことへの疑問や不安を解決するヒントを、障害者雇用で働かれている当事者や企業担当者、支援者から聞くことができます。

 

当事者の発表では「わからないことは隠さずに報告する」「失敗を恐れない」「妥協点を見つける」「悩みは誰かに話す」「趣味は仕事に支障をきたさない程度に楽しむ」など、具体的かつ今すぐ実践できるであろうアドバイスをたくさん聞くことができました!

 

企業担当者からは、「スキルよりも安定性」「特性ではなく得意なことが重要」「配慮はするが区別はしない」などのアドバイスをいただき、わたしもハッとさせられました。

 

発表中は皆様黙々とメモを取っており、終了後「メモするスペースが足りなかった~」と話す利用者の方が何名もいらっしゃいました!また、「就職したらグループホームを利用してみたい」「家の近くにも相談機関があることを知った」等の意見も聞くことができました。

 

今回のシンポジウムを通して、メモを取る力やスーツの着こなしなど、皆様がこの1年間で多くのことを身に着けていることをあらためて実感することができました。

 

 

(赤い電車にワクワクした治でした!)

0
3
8
9
2
9
TOPへ戻る